【Apex Legends】FPSの上限を開放・制限するコマンドライン!

こんにちはFuseです!

今回は、Apex Legendsの起動オプションから「FPSの上限値を設定する方法」について紹介します。

 

FPSの上限値は、Originのコマンドライン引数から設定できます。

自分のモニターのリフレッシュレートに合わせたりFPSの上限を開放することも出来るので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

はじめに

 

今回紹介する内容は「Apex LegendsのFPS上限を開放・制限する方法」です。

FPSの上限を開放すると、こんな感じで144以上のFPSに設定できます。

 

Apex Legends FPS 上限解放

 

240Hzのモニターを使っているかたは、これをしないと「144までしか出せない」可能性があります。

FPSの制限をかける事も出来るので早速見ていきましょう。

 

ゲームのプロパティを表示する

 

Apex Legendsの起動コマンドは「ゲームのプロパティ」から設定します。

 

Apex Legends Origin Games

 

ゲームを閉じた状態で、「右クリック > ゲームのプロパティ」を選択してください。

 

Apex Legends ゲームのプロパティ

 

以下のウィンドウが表示されるので、詳細な起動オプションをクリックしましょう。

 

Apex Legends Apex Legendsのプロパティ

 

この中に「コマンドラインの引数」があるので、FPSの上限を開放するコマンドを記述していきましょう。

 

FPSの上限を開放するコマンド

 

Apex LegendsでFPSの上限を開放するには、先ほど表示した「コマンドラインの引数」に以下のように記述します。

 

Point
+fps_max unlimited

 

このようになっていればOK

 

Apex Legends FPS 上限解放

 

実際にApex Legendsを起動すると、144以上のFPS値を出すことができたと思います。

 

FPSの上限を制限する方法

 

同じような方法で、FPSの上限を制限することもできます。

コマンドを記述する場所は、先ほどと同じように「コマンドラインの引数」ですね。

 

コマンドはこちら。

 

Point
+fps_max 240

 

先ほどは「unlimited(無制限)」を指定した場所が「240」になっています。

これは、FPSの上限を240にするという意味ですね。

 

Apex Legends 240 FPS

 

FPSの上限を144や60にしたい

 

FPSの上限を144や60にしたい方

 

  • +fps_max 144
  • +fps_max 60

 

というように記述してみてください。

 

後は、保存してからApex Legendsを起動すれば、FPSを制限出来たと思います。

 

まとめ

 

今回紹介したように、Apex LegendsのFPS上限を開放するには「コマンド」を記述する必要がありました。

モニターのリフレッシュレートや、PCのスペックに合わせて上限値を設定してみてください。

 

 

ではまた。

Fuseの使用デバイス