【Apex Legends】キャラの英語スペルと由来がマッチしてて面白い!

こんにちはFuseです!

Apex Legendsをやっていると、東京サーバーでも海外の人とマッチングしますよね。

 

PC版はボイスチャットだけでなく、テキストでもコミュニケーションがとれます。

ですが自分がダウンし、例えば「レイス 瀕死!」って言いたいときにキャラクターのスペルが分からないと教えられませんよね。

 

そこで今回は、Apex Legendsのキャラクター英語スペルをまとめてみました。

はじめに

 

今回紹介する内容は「Apex Legendsのキャラクターの英語スペル」について。

 

Apex Legends キャラ一覧

 

Apex Legendsは、地域ごとにサーバーが分かれています。

ただし、中国や韓国のサーバーがないため、東京サーバーでも海外の方とマッチングするんですよね。

 

Apex Legends サーバー

 

逆に、シンガポールサーバーに日本人っぽい名前の人がいたり。

そんな時に必要なのが「英語チャット

 

会話は無理だけど単語なら...

 

瀕死の敵を教えたり、ポータルやジップの使用など、テキストチャットでコミュニケーションをとる時のために英語スペルを覚えてみてください。

 

レジェンドの名前は英語でも同じ

 

キャラクター名は英語版でも日本語版でも同じです。

ですので、実際はある程度あってれば通じますし、部分的に書けていれば多分通じています。

 

Apex Legends キャラ一覧

 

blood low」「path low」みたいな感じですね。

まあ、でも覚えておいて損はないと思うので、さっそく見ていきましょう。

 

キャラのスペルと由来を一気に見ていこう

 

細かい紹介をする前に、キャラクターの英語スペルと名前の由来を一気に見ちゃいましょう。

由来に関しては、個人的見解が多いので注意してください。

 

レジェンド名 英語スペル 由来
ブラッドハウンド Bloodhound 血と猟犬という英語から
ジブラルタル Gibraltar 地名から
ライフライン Lifeline 救命・命綱という英語から
パスファインダー Pathfinder 道と発見者という英語から
レイス Wraith 生霊・幽霊という意味の英語
バンガロール Bangalore インド南部の地名から
コースティック Coustic 腐食剤の英語名から
ミラージュ Mirage 蜃気楼という意味の英語から
オクタン Octane ガソリンに使われる化学物質
ワットソン Wattson 不明(英語圏の姓から?)
クリプト Crypto プログラミング言語のコードから
レヴナント Revenant 亡霊・帰ってきた人という意味から
フォージ Forge 鍛冶場・プレスするという意味から
ローバ Loba 狼(雌)という意味がある

 

英語の組み合わせだったり、単純な英語の意味から由来していたり面白いですね。

では、より細かく英語スペルと由来をチェックしていきましょう。

 

由来で個人的に好きなのは「オクタン」と「クリプト」です。

 

そこから取るか!って感じがいいね

 

ブラッドハウンドの英語スペル

 

まずは、ブラッドハウンドから。

ブラッドハウンドは、英語で書くと以下のようになります。

 

Apex Legends ブラッドハウンドの英語スペル

BLOODHOUND

 

”を意味する「blood」と

猟犬”を意味する「hound」を組み合わせた名前になっています。

 

Apex Legends ブラッドハウンド アルティメット

 

敵を追跡したり、痕跡を追う姿が猟犬っぽいですね。

余談ですが、調べたら「ブラッドハウンド」という犬種もありました。

 

ジブラルタルの英語スペル

 

続いて、ジブラルタルのスペルを見ていきましょう。

ジブラルタルを英語で書くとこんな感じ。

 

Apex Legends ジブラルタルの英語スペル

GIBRALTAR

 

ジブラルタルは、覚えるのがちょっと難しいかもしれません。

英語でテキストチャットを撃つ場合、よく見かけるのは「Gib Low」といった感じ。

 

スペルも難しいし長いし、教えるならこれで十分だね

 

ジブラルタルの由来はわかりませんが、外国に「ジブラルタル」という地名や「ジブラルタル海峡」などがありました。

 

ライフラインの英語スペル

 

ライフラインはきっと想像通りのスペルだと思います。

以下のようなスペルでした。

 

Apex Legends ライフラインの英語スペル

LIFELINE

 

意味は、おそらく「救命」や「命綱」っていう感じだと思います。

ライフラインの特徴と一致しますね。

 

Apex Legends ライフラインのスキル

 

キーワードを見ても「Life」と「Line」なので覚えやすいと思います。

 

パスファインダーの英語スペル

 

毎マッチで必ずと言っていいほど使用率の高い「パスファインダー」は以下のようなスペルになっています。

 

Apex Legends パスファインダーの英語スペル

PATHFINDER

 

Path”は「道」

Find”は「見つける・発見」という意味がありますね。

 

Apex Legends パスファインダーでしか行けないところ

 

ジップラインやグラップリングフックで、パスファインダーにしか行けない道を発見するというような特徴から来てるんだと思います。

テキストチャットでよく見かけるのは「path low」ですね。

 

通過する”という意味の「Pass」とごっちゃにならないように注意しよう

 

レイスの英語スペル

 

パスファインダーと並んで使用率の高いレイスも見ていきましょう。

レイスを英語で書いた時のスペルはこちら。

 

Apex Legends レイスの英語スペル

WRAITH

 

先頭に「W」が入る点に注意してください。

”Wraith”というのは、生霊や亡霊といった意味があるようです。

 

確かに目とか怖いかも...

 

虚空に入り透明化するスキルや、幻聴のようなパッシブスキルを持つレイスのイメージにぴったりですね。

余談ですが、Apex Legends公式のYouTubeチャンネルにアップされている「レイスの過去編」みたいな動画が面白いので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

バンガロールの英語スペル

 

ライフラインやパスファインダーと違い、英語スペルがイメージしにくい「バンガロール」はこんな感じで書きます。

 

BANGALORE

 

調べてみたところ、ジブラルタル同様「地名」から来てるっぽいです。

インド南部に「バンガロールという都市」がありました。

 

全く関係ないですが、Wikiによる名前の由来はこちら。

 

名の由来

バンガロールの市場
「バンガロール」はカンナダ語の都市名「ベンガルール」の英語化された名前である。ベンガルールの名が記録に現れるのは9世紀、西ガンガ朝(英語版)が建てた「vīra gallu」(ವೀರ ಗಲ್ಲು , 「英雄の石」)と呼ばれる英雄を称える石碑の碑文に見られる。このうちベグル(Begur)近郊で見つかった碑文によると、この地域は890年に戦いの起こった地で、1004年まで西ガンガ朝の一部であり、ベンガヴァル・ウル(Bengaval-uru)、古いカンナダ語で「護りの街」と呼ばれていた[12][13]。

しかしより広く知られた地名説話ではこのようになっている。南インドのホイサラ朝の王バッラーラ2世(Veera Ballala II, 1173年から1220年まで王位にあった)が狩りの最中、森で道に迷い、飢えて疲れ果てたところに貧しい老婆に助けられ、茹でた豆を振舞われた。感謝した王は、この地を「茹でた豆の街」を意味するベンダ・カアル・ウル(benda-kaal-uru, ಬೆಂದಕಾಳೂರು)と名づけ、後にこれが「ベンガルール」になったという[

 

それぞれのキャラに由来があって面白いね!

 

コースティックの英語スペル

 

毒ガスやトラップを使うのが特徴的なコースティックの英語スペルはこちら。

 

Apex Legends コースティックの英語スペル

CAUSTIC

 

意味としては、causticで「腐食剤」や「苛性」など。

やはり、毒物系の名前から取ったみたいですね。

 

Apex Legends コースティックのアルティメット

Apex Legends コースティックのアルティメット

 

スペル的にはシンプルで覚えやすいと思います。

 

ミラージュの英語スペル

 

ミラージュの英語スペルはそのままです。

 

Apex Legends ミラージュの英語スペル

MIRAGE

 

ミラージュという単語自体が覚えづらいので、間違えないようにしましょう。

意味は「蜃気楼」ですね。

 

Apex Legends ミラージュのアルティメット

 

デコイを使って敵をかく乱する姿から由来しているんだと思います。

 

だ、だまされろ!

 

オクタンの英語スペル

 

シーズン1で登場した「オクタン」は以下のようなスペルになっています。

 

Apex Legends オクタンの英語スペル

OCTANE

 

”octane”について調べてみたところ、「炭素数8の炭化水素」と出てきました。

これは「ガソリンなど燃料の一成分」だそうです。

 

Apex Legends オクタンのスキル

 

最速の男オクタンらしい由来ですね。

 

もしかして、オクタンの興奮剤は「ガソリン」を注射してる...?

 

ワットソンの英語スペル

 

シーズン2から登場した「ワットソン」のスペルはこちら。

 

Apex Legends ワットソンの英語スペル

WATTSON

 

なんで「ワトソン」じゃなくて「ワットソン」なのか疑問だったんですが、スペルもTを重ねてるんですね。

意味は、軽く調べても出てきませんでした。

 

Apex Legends ワットソンのスキル

 

”watson”は英語圏に多い苗字なので、もしかしたら深い意味はないのかもしれません。

ここにきてちょっと意外でした。

 

クリプトの英語スペル

 

シーズン3で登場した最新キャラの「クリプト

クリプトを英語で書くと以下のようになります。

 

Apex Legends クリプトの英語スペル

CRYPTO

 

基本的には難しくないんですが、ぱっと見だと読みづらいですよね。

私は、クリプト登場時に使っていたところ「crypto change armor」みたいな感じで言われ、一瞬「???」ってなりました。

 

なんか読みにくいよね

 

”crypto”の意味は「暗号

エンジニア系のクリプトに合った意味を持っていました。

 

その他に、プログラミング言語の「PHP」で使用されるコードにも「crypt(  )」があります。

 

Apex Legends クリプトのスキル

 

PHPでの「crypt(  )」は”ハッシュ化(暗号化)”みたいな使い方をします。

ハッキングやドローン操作など、エンジニア系のクリプトは、こっちの意味も由来になっているのかもしれませんね。

 

ハッカーキャラの由来がプログラミング言語ってのも面白いね

 

レヴナントの英語スペル

 

シーズン4で登場したキャラ「レヴナント

レヴナントのスペルはこんな感じです。

 

Apex Legends レヴナント スペル

 

REVENANT

 

大体予想通りなスペルですね。

revenantには「亡霊」や「帰ってきた人」という意味があるらしいです。

 

なぜ、私はまだ死ねないんだ”というボイスが特徴的なレヴナントにぴったりな由来だと思います。

 

 

フォージの英語スペル

 

シーズン4で登場するといわれ、結局登場せずに終わった「フォージ」のスペルもチェックしてみました。

 

 

結果は【FORGE

 

forgeには「鍛冶場」や「プレスする」みたいな意味がありました。

筋肉質で肉体派なフォージにぴったりなスペルになっています。

 

シーズン5が始まる今になっても情報が更新されないので、フォージはもう来ないのかもしれませんね...。

 

ローバの英語スペル

 

シーズン5で登場予定の「ローバ」は以下のように書きます。

 

 

LOBA

 

意味はあまり確定的なものが出てこなかったんですが、スペイン語の「loba」に狼(雌)という意味がありました。

ワールズエッジ内であった、狼の目撃情報とも一致すると思います。

 


まとめ

 

今回は、Apex Legendsのキャラクターの英語スペルを調べてみました。

始めは「テキストチャットに使う用」で調べていたんですが、キャラクターの特性と合っていたり、Apex運営のキャラ愛を感じますね。

 

 

次は、武器のスペルもチェックしてみようと思います。

ではまた。