Apex Legends FPSカウンターを表示する

こんにちはFuseです!

今回は、Apex Legendsのコマンドラインを使って「FPSカウンター」を表示する方法を紹介します。

 

コマンドライン引数をセットしておくことで、簡単にFPSを表示できます。

他社のツールだとFPSカウンターが録画に乗らないけど、戦闘中のFPSをチェックしたい!といった時に活用してみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は「Apex Legendsでコマンドラインを使ったFPS表示」です。

まずは、こちらをチェックしてください。

 

Apex Legends FPSを表示する

 

左上に、見慣れない数字やテキストが表示されています。

この中の一番左の数値がFPSカウンターですね。

 

スクショの時は「133fps」出ていたということになります。

Originの「コマンドラインの引数」から、簡単に表示できるようになるので見ていきましょう。

 

FPSを表示するコマンドライン引数

 

Apex Legendsで、コマンドラインを使ったFPS表示は「ゲームのプロパティ」から行います。

 

後でOrigin In Gameを使った方法も紹介してるよ

 

Originを開くと、ゲームライブラリ内にApex Legendsがあるので右クリック。

その中の項目から「ゲームのプロパティ」を選択しましょう。

 

Apex Legends Origin Games

Apex Legends ゲームのプロパティ

 

右側のタブに「詳細な起動オプション」があるので選択します。

 

Apex Legends Apex Legendsのプロパティ

 

こんな画面が表示されたら「FPSカウンターを表示するコマンドライン引数」を書き込んでいきましょう。

 

Apex LegendsにFPSカウンターを表示するコマンドライン

 

Apex Legendsの左上にFPSカウンターを表示するコマンドラインはこちら。

 

Apex Legends コマンドライン FPS表示

 

コマンドラインの引数」の中に " +cl_showfps 4 " と記述すればOKです。

簡単ですね。

 

これだけで、Apex LegendsにFPSカウンターを表示することができました。

 

Apex Legends FPSを表示する

 

+cl_showfps 2や3もある

 

先ほどは、+cl_showfps 4を紹介しました。

個人的にはこれが一番使いやすいと思うんですが、showfps 2や3を設定すれば表示を変えることもできます。

 

+cl_showfps 2:

Apex Legends +cl_showfps 2

 

+cl_showfps 3:

Apex Legends +cl_showfps 3

 

Origin In Gameから表示もできる

 

ここまでで、コマンドライン引数を使ったFPSカウンターの表示ができました。

実は、Originに標準搭載されているFPSカウンターもあるんですよね。

 

Apex Legends Origin FPSカウンター

 

まずは、先ほどと同じように「ゲームのプロパティ」を開いてください。

 

Apex Legends Origin In Gameを有効にする

 

全般タブの中に「Apex LegendsでOrigin In Gameを有効にする」という項目があるので、チェックを入れておきましょう。

 

Apex Legends Origin In Gameを有効にする

 

続いて、Origin上部のタブから「ファイル > アプリケーション設定」を開きます。

 

Apex Legends Origin アプリケーション設定

Apex Legends Origin アプリケーション設定

 

こんな感じの画面が表示されます。

右上にある「ORIGIN IN-GAME」をクリックしてください。

 

Apex Legends Origin FPS表示

 

下の方に「FPSカウンターを表示」という項目があるので、表示したい位置に変更するだけでOKです。

 

Apex Legends Origin FPS表示

 

うまくいくと、設定した場所にシンプルなFPSカウンターが表示されました。

 

Apex Legends Origin FPSカウンター

 

FPSカウンターはこれが一番シンプルだね

ただ、Origin In Gameを使うとFPSが下がるらしいので注意!


まとめ

 

今回紹介した方法を使うことで、Apex LegendsにFPSカウンターを表示することができました。

ツールを使う場合と違い、録画でも表示できるので、戦闘中のFPSはどのくらいかチェックするときに活用してみてください。

 

 

ではまた。


Fuseの使用デバイス