Apex Legends チャージライフル 弱体化

こんにちはFuseです!

今回は、Apex Legendsのスナイパー「チャージライフル」の弱体化について紹介します。

 

チャージライフルは「シーズン3」から登場した新武器だったのですが、さっそく調整が入りましたね。

性能を見ると全体的に弱体化されているので、これまでの感じで使っているとダメージ不足や弾薬不足になってしまうかもしれないのでチェックしてみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は「チャージライフルの弱体化」について。

 

Apex Legends チャージライフル

 

チャージライフルは、シーズン3で新登場した最強スナイパーライフルですね。

ただし、今回のアップデートでなかなか扱いづらくなっていたので参考にしてみてください。

 

変更点をまとめて見ていこう

 

まず先に、変更点まとめから紹介します。

記事の後半では、それぞれ細かく解説しているのであわせてチェックしてみてください。

 

  • 弾薬の消費量がアップ(1回で3発使用)
  • 拡張マガジンの容量が変更(9,12,15,18)
  • 距離による威力減衰を調整

 

こんな感じで、全体的に弱体化しています。

一見すると、拡張マガジンによる弾薬数がアップしているように見えますが、これは一発ごとの消費量が増えているためですね。

 

正直、アプデ前は「弾薬効率が良すぎた」のでこれぐらいが妥当な調整だと思います。

 

弾薬の消費量がアップ

 

では、アップデート内容を細かく見ていきましょう。

まずは「弾薬の消費量」について。

 

Apex Legends チャージライフル 装弾数

 

これまでは、1発撃つごとに「弾薬を1つ消費」でした。

今回のアップデートによって、1っ発撃つごとに「弾薬を3つ消費」に変更されています。

 

Apex Legends チャージライフル 消費量

 

そのため、これまでのように「エネルギーアモは1スタックでOK」みたいな立ち回りは厳しくなるかもしれませんね。

 

拡張マガジンの容量が変更

 

弾薬の消費量に加えて「拡張マガジンの容量」も弱体化しました。

 

拡張マガジン 装弾数
拡張マガジン無し 9発(3 x 3発)
Lv.1 拡張マガジン(白) 12発(3 x 4発)
Lv.2 拡張マガジン(青) 15発(3 x 5発)
Lv.3 拡張マガジン(紫) 18発(3 x 6発)

 

1発の消費量が増えているため、装弾数自体はアップしています。

ただし、撃てる回数はアプデ前より減っているので注意してください。

 

実際に使ってみた感じでは、開幕のチャージライフルがかなり弱くなっていると感じました。

 

アプデ前の装弾数

 

ちなみに、アップデート前のチャージライフルは以下のような装弾数でした。

 

  • 拡張マガジン無し > 4発
  • Lv.1 拡張マガジン > 5発
  • Lv.2 拡張マガジン > 6発
  • Lv.3 拡張マガジン > 7発

 

アプデ後は1発ずつ減った感じですね。

 

チャージライフルのダメージ量は変化なし

 

ここまで弱体化内容を見てきましたが、ダメージ量自体に変更はありませんでした。

 

Apex Legends チャージライフル ダメージ

 

チャージ中の燃焼ダメージが「3 x 15 = 45ダメージ

チャージ後のショットダメージが「45ダメージ」で、合わせて「90ダメージ」ですね。

 

ただし距離による威力減衰が大きくなった

 

先ほどチャージライフルのダメージ量に変化はないと紹介しましたが「距離による威力減衰」は大きくなっています。

 

アプデ前 アプデ後
300mで90ダメージ 250mで90ダメージ
500mで60ダメージ 400mで60ダメージ

 

これまでは、訓練場の遠くにある的を撃って初めて実感できるくらいの威力減衰だったのですが、アップデート後は減衰する距離が少し近くなった感じですね。

どちらにせよオンラインマッチではあまり実感しにくい印象でした。

 

ちなみに、250mはこれくらいの距離です。

 

Apex Legends チャージライフル 威力減衰

Apex Legends チャージライフル 威力減衰

 

400mはこれくらい。

 

Apex Legends チャージライフル 威力減衰

 

これに関しては、あまり意識する必要もないと思います。

威力減衰は一気に変化するわけではなく「10mごとに1ずつ減衰」という感じでした。

 

Apex Legends チャージライフル 威力減衰

 

  • 250 > 45
  • 260 > 44
  • 270 > 43
  • 280 > 42
  • ~~~~~~
  • 370 > 33
  • 380 > 32
  • 390 > 31
  • 400 > 30

 

ですね。

 

チャージライフルの縦偏差は変更なし

 

チャージライフルの強みのひとつでもある「縦の偏差なし」は調整されませんでした。

 

Apex Legends チャージライフル 縦偏差

 

縦偏差を増やしたら「レーザー武器としておかしい」と懸念していたので安心しました。

Apex Legendsは、武器やキャラクターへのこだわりが強いですよね。

 

チャージライフルはまだ強い?

 

結局のところ、弱体化後の性能はどんな感じなの?ということで使ってみました。

 

Apex Legends チャージライフル

 

結果は

  • 拡張マガジン無しは弱い
  • 弾薬消費量は1スタック多めに持った方が良い
  • 当てやすさや面倒さは変わらず最強クラス

といった感じでした。

 

距離や接敵位置によってはロングボウ・G7にも撃ち負けることが増えました。

スナイパーとしては相変わらず強いですが、他武器でも打ち勝てるチャンスが増えたということで「良い調整」だと思います。

 


まとめ

 

今回紹介したように、Apex Legendsの最強スナイパー「チャージライフルが弱体化」しました。

威力や偏差は変わらなかったものの、装弾数や消費量が増えているため少し慣れが必要かもしれませんね。

 

 

参考にしてみてください。

ではまた。


Fuseの使用デバイス