CoD MW ユーフラテスブリッジ スナイパー必須

こんにちはFuseです!

10/25から配信がスタートした「Call of Duty Modern Warfare」を遊んでいたところ、超遠距離でスナイパー必須なステージを見つけました。

 

マップ名は「ユーフラテスブリッジ

オーバーキルというPERKを使うことで、アサルトライフル+スナイパーライフルというように、メイン武器を2丁持てるようになるので試してみてください。

はじめに

 

今回紹介する内容は「CoD MW」のスナイパー必須ステージについて。

スナイパーが必須だと感じたステージ名は「ユーフラテスブリッジ」

 

CoD MW ALLEGIANCE

 

こんな感じで、マップの真ん中に大きな橋があるステージですね。

ドミネーションでは、橋の上にBポイントがあります。

 

CoD MW ドミネーション ALLEGIANCE

 

チームデスマッチでも、橋の上を奪い合うような戦いになることが多いと思います。

 

動画も撮影してみた

 

実際に、ユーフラテスブリッジで「ドミネーション」を遊んだ動画を撮ってみました。

 

 

動画は、こちらのYouTubeチャンネルにて公開しています。

 

 

橋からスナイパーで超遠距離射撃が可能

 

ユーフラテスブリッジの橋の上は、敵のリスポーン地点付近まで見通すことができちゃいます。

 

CoD MW ALLEGIANCE スナイパー

 

こんな感じで、超遠距離から打ち抜くことができるので、ドミネーション以外でもスナイパー必須だと感じました。

こちらは頭出しでいけるので、相手側からも撃ち抜きづらいんですよね。

 

CoD MW ALLEGIANCE スナイパー

 

アサルトライフルで撃ち合うのはかなり難しいと思います。

 

オーバーキルでメイン武器を2つ持とう

 

CoD MWでは「オーバーキル」というPERKを装備することで、メイン武器を2丁持っていくことができます。

 

CoD MW オーバーキル PERK

 

アサルトライフル+スナイパー」や「サブマシンガン+アサルトライフル」というような構成もできるので、PERK1に余裕があるなら、オーバーキルを装備しておくというのも良いのではないでしょうか。

 

CoD MW オーバーキル

 

特に、CoD MWは「凸スナ」が弱い印象があるため、スナイパーのみで立ち回るのは難しいかもしれません。

そんな時は「オーバーキル」を装備することで、基本は「アサルトライフル」を使い、遠距離の時は「スナイパー」に持ち変えるというような立ち回りができて面白いと思います。

 

CoD MWの武器持ち変えは超遅い

 

オーバーキルを装備し、アサルトとスナイパーを持ち変える場合、PERK2の「アンプ」も装備した方が良いかもしれません。

 

CoD MW PERK アンプ

 

というのも、デフォルトだと「武器の持ち変え速度」が超遅いんですよね。

これでは、武器の持ち変え中に撃ち抜かれてしまうため、サブ武器を使うロードアウトのPERK2は「アンプ」を装備しておきましょう。

 

CoD MW アサルト&スナイパー

 

持ち変え速度がかなりアップするのでオススメです。

 

まとめ

 

今回紹介した通り、CoD MWの「ユーフラテスブリッジ」というスナイパーが必須なマップがありました。

アサルト&スナイパー」と「アサルト&対空」を用意しておき、マップに合わせて使い分けるというのも面白そうですね。

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

ではまた。