Apex Legends チャージライフル 2度目の弱体化

こんにちはFuseです!

先日、Apex Legendsにアップデートが入り、チャージライフルに2度目の弱体化が来ました。

 

チャージライフルはシーズン3から登場した最強スナイパーで、前回の弱体化でかなり扱いづらくなっていました。

それでもユーザーが多かったのか、2度目の弱体化が入っています。

 

かなり扱いづらくなっているのでチェックしていきましょう。

はじめに

 

今回紹介する内容は「2度目のチャージライフル弱体化」について。

前回実施された弱体化内容については、こちらからチェックしておいてください。

 

 

今回のアップデートでは、チャージライフルがさらに扱いづらくなり、正直弱い武器の部類になるくらいの弱体化だったので参考にしてみてください。

 

Apex Legends チャージライフル

 

チャージライフルが弱体化

 

では、さっそく弱体化の内容を見ていきましょう。

2度目の弱体化での変更点はこんな感じ。

 

  • 拡張マガジンが装備不可に変更
  • 装弾数が変更
  • 威力減衰がさらに大きく
  • 発射速度が低下

 

拡張マガジンの装備不可装弾数の変更は、かなり大きく出たなという印象。

実際にApex Legendsをやっていても、チャージライフルを好んで使う人はほぼいなくなった感じでした。

 

1回目同様、ダメージ量は変化なしです。

 

Apex Legends チャージライフル ダメージ

 

拡張マガジンが装備不可になった

 

これまで、チャージライフルには「拡張マガジン」が装備でき、最大で18発まで装填することができました。

今回の弱体化により、チャージライフルに「拡張マガジンが装備不可」となっています。

 

Apex Legends チャージライフル 拡張マガジン

 

拡張マガジンのアイコンも削除されています。

これによって、初期装弾数も少し調整されました。

 

Point
拡張マガジンが装備不可になった

 

チャージライフルの装弾数も変更

 

チャージライフルの装弾数は「12発

一回の発射に「3発」使用するので、実質4発しか撃てないという計算になります。

 

Apex Legends チャージライフル 装弾数

 

これまでのチャージライフルは「白拡張マガジン」で4発だったので、相当な弱体化となっています。

実際に使ってみた感じでは、遠距離は当てやすいものの、リロードが必要になる回数が増えかなり扱いづらくなっています。

 

Point
装弾数は12発・4回しか射撃できなくなった

 

威力減衰がさらに大きくなった

 

前回の弱体化でもあまり実感できなかった「威力減衰」ですが、より大きく影響するようになっています。

今回のアップデートでは「150m」で威力減衰が始まるという感じに変更されました。

 

Apex Legends チャージライフル 威力減衰

 

前回の弱体化では「250m」だったので、比較的実感しやすくなったと思います。

ちなみに、150mはこのくらいの距離でした。

 

Apex Legends チャージライフル 威力減衰の距離

 

割と接敵することが多い距離なので、これまでよりは影響が出てくるかもしれませんね。

 

Point
威力減衰は「150mから」に変更!

 

チャージライフルの発射速度が遅くなった

 

チャージライフルの発射速度も遅くなっているようです。

実際に試してみましたが、あまり実感はできませんでした。

 

 

動画で比較したらほんのちょっとだけ遅くなっていましたが、誤差レベルなので、もしかしたら検証方法が違うかもしれません。

とりあえず、あまり気にしなくても良いような弱体化でした。

 

まとめ

 

今回紹介したように、Apex Legendsの最強スナイパー「チャージライフル」に2度目の弱体化が来ました。

これまで害悪武器だといわれてきたチャージライフルですが、これによって使用者は格段に減ると思います。

 

 

実際使ってみた感じでも、ここまで弱くなるか、というような調整だったので少し驚きました。

参考にしてみてください。

 

ではまた。

Twitter フォローお願いします